溜息がとまらない

こんな思いを聞いた。
彼の長男が何年か浪人はしたが、なかなかむつかしい学部に合格した。よく頑張った、素晴らしい。彼を息子を誇りに思う。何年もくじけずに頑張った。そして、次男も同時受験でこちらは一浪のはずだった。ところが浪人したのに、今年は試験すら一校も受けていないと聞く。名門中高に行き、中学で柔道黒帯、自慢の息子だったが、すでにニート化しているらしい。別居して五年の母子家庭である。母親は自分の愛を確信しているし、それに対する非難には激しく反応する。つまり切れる。
彼がいくら次男を世に出す提案をしても、するほど息子の母親は激しく切れる。むき出しの怒りが投げつけられる。その提案がまともなほど、つまり次男が世に出る率が高いほど、息子の母親は切れる。

円満とはいいにくいDV家庭環境で、彼の元妻は育った。今までもさまざまな形で人間関係に失敗している。そして、二人の息子を溺愛している。自分の命より大事な子供たちなどとも裁判で証言していた。

彼の長男が高二のときに、たまたま別居していたが、その学力進度に驚き、すこし母親から離し、彼のそばにおいてサポートしようとした。あの時も、激しく切れて、ののしり、わめきつづけられた。結局、そのながれで離婚することになった。

こんどは次男だ。もともとマザコンの子だ。ママ、ママで大きくなった。名門中高に行かしたのに、挫折したらしい。柔道部も、自分と考えが合わないから、やめたという。浪人までしたのに、受験も自分の考えとは違うからうけないとか。

典型的な、ニート息子と「共依存」の母親の形だ。あの賢い子が、こんなことに。彼の息子は母親の無意識的願望を全身にうけて立派なニートになった。母親の期待どうりになった。彼は息子を世に出す話を伝えたが、言うほどに彼女は切れる。一人では生きれない、つねにだれかが必要な彼女だ。今までも、さまざまな人間関係を破綻させている。二度の結婚の破綻もふくめて。その一人では生きれない彼女は、息子をちかくから離す気などはないようだ。依存する、そして依存させることで支配する。次男がニートである原因は、自分であると理解してはいないだろう。愛にあふれた母親としての自分イメージなのだろう。あの賢いがマザコンの子を、飼い犬として精神的な奴隷として、つねに自分のそばで、けっして離さず「飼育」する気なのだ。彼の次男の役割は、つねにママ、ママとまとわりつくふとったペットだ。人間として見てはいない。母親が女郎蜘蛛だ。なんということだ。どうしたらよいのだろう。世間によくある話だが、まさかうちの子にとは。ああ、ああと彼は嘆息する。彼女が最もおそれているのは「独りぽっちの自分」だ。宇宙空間に宙づりにされる生物的恐怖だ。愛は嘘だ。典型的な「共依存」であり、その対象を逃しはしないだろう。

何かするほど逆効果になるのは間違いない。言うほど切れるのも間違いない。その時、彼女の爬虫類脳と偏桃体は、はげしく震えるだろう。敵を殺せと。子供を守れと。なんということだ。彼は頭をかかえる。こんなことになるとは思いもしなかった。

どうしたら良いのだろう。深夜、彼はひとり悶々とする。暗闇のなかで、溜息と繰り言ばかりとなる。朝は、まだ遠い。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク